ちいさいまつり


「まつり」は私達が自分を表現する場を

与えてくれている、すべてのモノへの感謝を捧げること。


なにを捧げることを望んでいるか?
それはたくさんの人が、喜びでいっぱいにした

想いのエネルギーです。


この地球に生まれ落ちたたくさんのいのちが
生きる喜びを体感し 生まれてきたことを思い出し、

本当の自分へと戻っていく…。


ひとりひとりの喜びは細やかなものかもしれない。
だけどその細やかさが、人を癒し、地球を癒すのです。


周りがどんなに変わろうと、なにがあっても

変わらない自分のしあわせの軸、ちいさいけれど

大きな喜びを生む“まつり”です。

ちいさなまつりでは

六芒星が重要な意味を持っていますが、

六芒星は正三角形の△▽が重なったものです。

 

 

△は男性性。

▽は女性性。子宮の形に似ています。

 


これが重なり合い、宇宙を生み出す

創造のエネルギーを生み出します。



創造は子供を産む時と同じ。
生みの苦しみを伴います。
子宮はそんな苦しみも、人の光も闇もカルマも

全部包み込んで、護るものです。

生まれるまで護ってくれる、地球そのもの。

 

 地球は母性です。

だからこれからのスピリチュアルな時代は、

女性性の時代です。

 

 

誰もかれも女性の「子宮」から生まれおち

地球に生きる。

子宮と地球に届ける よろこびのまつり。

 

ちいさいまつり

優花

BLOG